完全室内飼いなら猫扉は重要です!脱走で悲しい思いをしないために

猫を室内飼いしている方なら一度は猫扉について調べたことがあるのではないでしょうか。もしかしたら脱走してしまうのではないか?そんな不安に駆られることは多々あると思います。玄関を開けたら飛び出していきそうでとても不安だ、キッチンは危ないから入ってほしくない、など飼いはじめると気付くことは、猫扉である程度解決できると思いますので、少しでも参考になればうれしいです。

関連記事

いざ猫を飼うことが決まって迎え入れるまでに何を揃えておくべきかわかっていますか? 保護施設から引き取ったり、ペットショップで買って連れて来たり、背景は様々だと思います。引き取る際にも色々と教えてもらっていると思います[…]

飼い始めの頃の課題

うちに猫を迎えた当初は、元々が野良の子猫でしたので、非常にすばしっこくて慣れてくれているようで慣れ切っていない感じもあり、大人になってもとても小柄なのですが、子猫の時はさらに小さく、神出鬼没でもあり、こちらも冷や冷やしていました。

関連記事

この記事をお読みになっているということは、ペットショップで買うわけでもなく、譲渡会などで保護猫をもらうわけでもなく、きっと近所に可愛い野良猫がいて自分で飼いたいなと思っている方なのかと思います。 我が家の猫は野良猫でした。母[…]

飼いはじめの頃は、こちらも勝手が分からず一部屋の中で飼っていました。一部屋と言ってもリビングとつながっているので部屋として区切られているわけではなく、リビングとの境界線に、100円ショップで買ってきた突っ張り棒と網を結束バンドで組み合わせて部屋の区切りのようにしていました。

まだその時は玄関もキッチンへも辿り着かないので、猫扉の必要性まで考えていませんでした。しかし、慣れてきて部屋の外に出すようになると今度はリビングを動き回るようになりますが、危険な家具や電化製品の配置とかを自分自身が理解しておらず、例えばトースターが大人が立った時の目の高さにあって、そこにのったら非常に危ないのでそこに行けないように、網でブロックしてみたりと中々大変でした。

キッチンへの侵入防止はベビーゲートで!

まずその時に直面したのが、キッチンへの侵入です。その時点ではキッチンへはノーガードでしたので、どうやって入らないようにしようかと思い悩んだ結果、ベビーゲートを見つけました。ガードする相手が赤ちゃんではなく、ネコになったわけですが、これが非常に効果的でした。基本的には勝手に閉まってロックされるので、こじ開けようとしても開きません。高さだけ見ると猫のジャンプ力ならば簡単に飛び越えられるのですが、扉が開くことをわかっているせいか動きそうなものや不安定なものに対して乗ったり飛び越えたりしないようで、もう設置して5年近く経ちますが、一度も飛び越えたことはありません。

ただし、ロックをかけていないと前足で器用に引いて開けるようになりました。知らないうちにキッチンの中にいることがあり、注意するとスーッと何事もなかったかのようにゆっくり出ていく姿に成長を感じます。

いよいよ猫扉(猫ドア)の検討

マンション暮らしで、たいして広くないですが、ネコにとってはNGなく行きたいところに行けるようになるときっとそれなりに楽しいだろうと思いますし、こちらもだいぶいろんなことに慣れてきたところで、寝室含め全ての部屋を開放するようになりました。そうなってきたときの最大の懸念が玄関です。玄関あけて出て行ってしまったら捕まえられる自信は全くありません。色々調べると玄関にねこ扉をつけている画像などがたくさん出てきました。皆さん苦労されているんだなぁと痛感しましたが、一方でちょっとしたDIYのような感じでおしゃれに玄関に扉をつけているのにも非常に感心しました。とてもじゃないですが、そんな器用ではないので、自分で作るのは見た目も含めて難しいなと感じていました。いろいろ探しているうちに猫扉を作成されている業者さんを見つけたので、思い切ってメールで相談してみました。

完成までにかかる時間は?

最初にメールで相談してから1か月半くらいして正式発注して、それから更に1か月半近くしてから完成したのですが、今は完全室内飼いをする人が多くなっていることもあり、猫扉の需要は非常に高まっているとのことでした。

もし猫扉を急ぎ設置したいと思っているのであれば、納期も非常に重要だと思います。自分で作れば完成度は別としても数日でできるかもしれませんが、業者さんに頼む場合は、立て込んでいる時期なのか、人気の業者さんで時間がかかるのか、色々な要素はありそうですが、最初に納期の目安を聞いておくべきだと思いました。

悩む要素がいくつかあったので、優柔不断に時間がかかってしまって後悔した部分もあります。一般的にはその業者さんでは1か月程度とのことでした。

費用はいくらかかるの?

これは結構気になりますよね。かかった費用は約13万円でした。決して安い金額ではないと思いますが、工事費用や材料費など考えると今では高いとは思っていません。決めるまでの悩んだ要素というのは、まさに費用でこの点は悩んでも仕方なかったと思っています。

5年近くたった今でも軋みひとつなく綺麗に問題なく使用しています。壊れたり不具合が出そうな気配もないので、長く使えるということを考えたら安い買い物だったと思います。

DIYが得意ならお金をかけずに突っ張り棒なんかでも出来るのかもしれません。

室内飼いなら猫扉はあったほうがいい!

結論から言えば、うちの環境だと猫扉はあってよかったと思っています。毎日外から帰ってくるときに、玄関を開けるたびにそこに猫がダッシュするスタンバイをしていたらと思うとその心配は取り除いた方がいいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!